包茎手術の料金や費用

ロゴ
トップページ
<包茎の種類によって金額が異なる>
包茎を治療するにしても気になるのは、どのくらいの料金や費用がかかってくるのかという事です。 ここでは包茎手術の料金や費用にスポットをあててみましょう。 包茎手術を受ける場合ですが、一般的にはカウンセリング、手術、術後のケアといったような流れで行うことになります。 近年では包茎 クリニックなどもあり、そうした場合ですと事前に行われるカウンセリングについては無料で行っていることも多いのですが、中にはカウンセリングが有料になる医療機関もあるのでその点は注意しておくと良いですね。 手術にかかる料金ですが、基本的に包茎の種類によって金額が異なってきます。 仮性包茎の人が受ける手術の場合は、基本的に保険の適用外となるケースが多いので、自由診療であると考えて良いですね。 自由診療ですので、手術を受ける医療機関、手術の術式などによって料金は異なってきます。 一般的な包茎手術の費用としては10万円〜30万円程度ほどでしょうか。 中には、10万円を切るような料金で手術を受けることができる医療機関もありますが、アフターケアがついていないこともあるので、その点も気をつけておきたいですね。 真性包茎やカントン包茎の場合は治療が必要になるケースですので、健康保険の適用を受けることができるケースがほとんどです。 つまり保険を使っての手術を選択することができるので、料金的にはおよそ2万円前後ほどになります。 ただし、保険を適用した場合の手術は見た目はあまり重視されないので、目立つ傷跡が残りやすいことを覚えておくと良いでしょう。 ちなみに、クリニックなどでも治療を受けることができますが、この場合は保険の適用外となりますので、料金的には10万円〜30万円程度かかることになります。 術後のケアに関してですが、手術を終えた後に切開した部分が癒着して、傷口が完治するまでの料金がどこに含まれているのかは手術を受ける医療機関によって異なってきます。 完治するまで無料で診てくれるのか、手術後の通院加療に関しては有料となるのか、その点はしっかりと確認するようにしておきたいですね。

<包茎手術を行わない方が良い人もいる?>
包茎と言っても、その状態によって仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3つに大別することが出来ます。 包茎の治療を考えた時に、この包茎の種類はとても大事になってきます。 端的に書いてしまうと、包茎でも仮性包茎である場合は手術を行わないで済むこともあります。 真性包茎やカントン包茎の場合ですと、手術が必要になります。 基本的には、真性包茎やカントン包茎の場合は手術を受けないと陰茎に異常を起こしてしまうこともあるので、健康保険の適用内となっているのです。 一般的に包茎手術を受けるのであれば、誰でも受けることが出来るのですが、包茎手術を行わない方が良いといった人もいます。 どんな方が該当するのかと言うと、先ずは未成年の方ですね。 未成年の場合ですが、陰茎はおよそ18歳程度まで成長するものだとされているので、手術は受けない方が良いとされています。 特に中学生や高校性くらいの年齢ですと、包茎であることが気になる年齢かもしれませんが、成長をするのに伴って包茎が解消されることもあるので成人するまでは包茎手術は行わない方が良いですね。 ただし、カントン包茎で陰茎に痛みがあるといった場合や重度の真性包茎などであるような場合は、早急に手術を受けた方が良い場合もあります。 その場合は、専門の医療機関にて医師と相談すると良いでしょう。 他のケースとしては、見た目をきれいにしたいという人は包茎手術には向いていないとされています。 審美的な問題ではなく、勃起していない平常時でも亀頭を露出させたいと考えている人の場合、陰茎が勃起をした時に包皮にとても負担がかかってしまって、突っ張るような感覚となってしまったり、勃起をした時に痛みに感じることがあります。 また、同じようなケースとして膨張率が高い人も向いていないです。 これは平常時の大きさと勃起時の大きさの差がとても大きな場合ですが、基本的に包茎手術で切除する包皮は勃起時にあわせて切除するので、どうしても平常時には包皮が余り気味になってしまうのです。 この為、見た目が仮性包茎みたいになってしまう可能性が高くなります。 いずれにしても包茎手術をするのなら、きちんとカウンセリングを受けて現状を把握した上で、メリットデメリットをしっかりと納得した上で手術を行うようにしたいですね。



Copyright(c) 包茎手術の料金や費用. All right reserved.